曳家後の浜寺公園駅旧駅舎、カフェにギャラリーに工事中でも活用中

 南海電鉄本線、堺市にある浜寺公園駅と言えば、明治時代に建てられた洋風木造駅舎がある事で知られていました。しかし、駅の高架化により、新駅舎前での保存が決まりました。

 工事期間中、旧駅舎は解体せずそのまま「曳家(ひきや)」という工法で、仮の場所に移動させておく事になりました。

 新駅舎の供用開始は2028年3月の予定という気の長くなるような先の話。それまでの間、旧駅舎は暫定的にイベントホール、カフェやギャラリーとして活用される事になりました。

まず旧駅舎曳家の様子をどうぞ!

 曳家は2017年11月28日から3回に掛けて行われ、私は3回目となる12月18日に訪れる事ができました。

2017年12月、曳家中の浜寺公園駅旧駅舎

続きを読む

鉄道員(ぽっぽや)の幌舞駅こと根室本線・幾寅駅訪問記Up!+厳選?ボツ画像集

メインのロケ地となり、訪れる人が絶えない聖地の駅

駅と駅舎の旅写真館 -railwaystation.jp-

 古く美しき駅舎に
幾寅駅(JR北海道・根室本線)~鉄道員(ぽっぽや)幌舞駅の面影残る駅舎~
を新規掲載しました。

映画・鉄道員の舞台となった幌舞駅こと幾寅駅

 幾寅駅は何といっても、高倉健主演の映画「鉄道員(ぽっぽや)」で、幌舞駅としてメインのロケ地となった事で有名な駅で、今も訪れる人が絶えない聖地となっています。

続きを読む

深名線・沼牛駅訪問記Up!+厳選!?ボツ画像集

クラウドファンディングで蘇った廃線駅舎

[ 駅と駅舎の旅写真館 railwaystation.jp ]

 古く美しき駅舎に
沼牛駅~深名線廃線から21年、甦った木造駅舎~
を新規掲載しました。

クラウドファンディングで修復された深名線、沼牛駅の木造駅舎

 北海道とは言え、11月初旬としては異例の大雪には参りました、しかしそれもまた北海道の鉄路らしい情景を添えてるように味わい深い風景でした。私が初めて北海道を旅し、初めて深名線に乗車した1989年の3月も、こんな雪深い風景に驚いたものでした。

続きを読む

高山本線・古井駅の木造駅舎改築の噂を聞き、現地に行ってみた

まもなく古井駅が取り壊される!?

 岐阜県美濃加茂市にある、JR東海・高山本線、古井駅の木造駅舎が改築になるという話をツイッター上でキャッチしました。古井駅は駅舎巡りの旅を始めて、初期の方に訪れた駅の一つで、私にとって忘れられない思い入れのある駅です。そんな駅舎が消えてなくなるのは、やはり寂しい思いでいっぱいになります…。

取り壊し!?JR東海・高山本線・古井駅、大正築の木造駅舎

他の方の、古井駅建て替えに関する、ツイッターやブログの投稿も…

続きを読む